即日お金を借りる方法

MENU

即日融資でお金を借りるにはどうする?

★どうしても今日中にどうしてもお金を借りたい!

 

お金は無い時に限って、しかも急に必要になるものですから、そのようなシチュエーションに陷る事は良くある事です。そのような時には、どのような対応をすれば良いでしょうか?一番良いのは、消費者金融が提供する「即日キャッシング」というサービスを利用する方法です。

 

「お金を借りる事自体が重大事項なのに、即日ですぐにお金を借りれるサービスがあるわけがない」と思う方が多いかも知れませんが、インターネットが普及した今日では、多くのキャッシング会社で即日でお金が借りる事ができるようになっています。

 

もちろん、消費者金融だけでなく、銀行のカードローンサービスでも即日でお金が借りられる所はいくつかあるので、自分の利用タイプに合ったサービスをチョイスすると良いでしょう。

 

★即日お金を借りる場合も審査に関しては同じです

 

即日キャッシングでは、通常のキャッシングサービスと同じ内容の審査、同じ内容のキャッシングサービスが利用できます。

 

「手続き時間が短いから、審査が厳しくなる」とか「即日キャッシングは利用限度額が通常サービスに比較してガクンと少なくなる」などという事は基本的には起こりませんので、安心して利用して頂ければと思います。

 

即日お金を借りるなら午前中に申し込みをする事

 

即日キャッシングの利用では、大体午前中にキャッシングの申込をして、午後には審査の結果が出て、限度額に応じたキャッシングの利用ができるようになるのが一般的です。

 

基本的には午前中に手続きを済ませて、銀行の営業時間である15時までに振込手続きをしてもらうというのが一般的な即日キャッシングの流れになります。

 

午後からでも受付はしてもらえますが、月末で利用者が多くなる時期や、利用者が多くなるランチタイムなどの即日キャッシングの場合。

 

審査時間で待たされて、「今日中の即日融資の振込は無理です」などという事になる場合もありますので、「今日中に借りたい!」という状況が発生したならば、すぐに借入の申し込みをするようにするのが安全です。

 

以前はお金を借りる等と言えば、何日も審査で待たされるのが通常でしたが、ネットが普及した今では借入の手続きや審査も早く、ユーザーにはとても便利なサービス体系になっています。

 

「即日でどうしてもお金が必要だ!」という状況になったならば、迷わず即日融資に対応したキャッシングや銀行カードローンを選んで申し込みすれば、慌てることもありません。


即日お金を借りるならココ!

銀行カードローンで即日借りる

銀行カードローンでも即日融資で借りれる

 

金利などの条件的に消費者金融よりも良いので、まずは以下から選ぶのが良いでしょう。じぶん銀行とかジャパンネットとかも最短即日だけど実は指定の銀行口座が必要だったりするので注意が必要です。

 

一番のオススメは三菱東京UFJ銀行カードローンです。こちらはTV窓口(無人)もあるので、もし夕方とかになってしまった場合でも、なんとかなります。しかも銀行カードローンの中では最短30分(消費者金融並み)と審査が早いです。100万未満なら収入証明書類を用意する必要がない所も大きなメリットです。

審査

限度額

年率

三菱東京UFJ銀行カードローン
最短30分
(口座不要)
10万〜500万 4.6%〜14.6%
新生銀行カードローン レイク
最短30分
(口座不要)
1万〜500万 4.5%〜18.0%
東京スター銀行カードローン
最短即日
(口座必要)
10万〜500万 4.5%〜14.6%
じぶん銀行カードローン
最短即日
(口座必要)
10万〜500万 3.9%〜17.5%
ジャパンネット銀行
最短60分
(口座必要)
1万〜1,000万 2.5%〜18.0%

消費者金融・キャッシングで即日借りる

消費者金融系は審査がどこも早い

 

消費者金融系はスピード審査に対応しているので、どこも最短30分程度で審査結果が分かります。どこの会社も簡単な入力で数秒で融資が可能かの目安が分かる自動審査もありますので、借りる前に自動審査を試してみるのも良いかもしれません。

 

特に指定の銀行口座が必要なわけではなく、審査に通ったらすぐに自分が指定した銀行口座に振り込んでもらえます。

審査

限度額

年率

プロミス
最短30分 1万〜500万 4.5%〜17.8%
アコム
最短30分 1万〜500万 4.7%〜18.0%
アイフル
最短30分 1,000円〜500万 4.5%〜18.0%
モビット
最短30分 1万〜800万 3.0%〜18.0%

即日お金を借りる方法をおさらい

「今日中にすぐにお金が借りたい!」という状況になった時に、心強い味方になってくれるのが即日融資のサービスです。

 

消費者金融のキャッシングでも、銀行カードローンでも、現在では即日融資の対応をしてくれる会社や銀行が多くなっていますので、便利に賢くこれらのサービスを利用するようにしたいものです。

 

即日融資の申し込み手順ですが、それほど難しいものではありませんので、まずはポイントをキチンと押さえておくようにすれば、何の問題もありません。

 

まずはお金を借りる会社を選ぶ

即日融資を利用したいと思ったならば、まずは即日対応をやっているキャッシングやカードローンの中から、自分に合いそうなサービスを選ぶようにしてください。

 

  • 「金利が安い」
  • 「一定条件なら無利息」
  • 「利用限度額の制約が少ない」
  • 「審査時間がとにかく早い」

 

など、キャッシングやカードローンのサービスによってウリの内容が違っていますので、自分に合うサービスを提供している会社を選ぶようにするのがポイントです。

 

申し込むところが決まったらネットから申し込み

 

利用する会社を選んだならば、次に即日融資の申し込みを行います。即日融資は、一般的にはネットから申し込みを行うのが一番スピーディです。

 

キャッシングやカードローン会社のサイトに行くと、「即日融資」といった内容のバナーが貼ってありますので、そのバナーから手続を行うようにすると迅速です。サイトの申し込みフォームに、自分の住所や勤務先、他社借入状況など必要事項を入力してセンターに送信するようにします。

 

ここで曖昧な入力や虚偽の入力をしたりすると、審査に思わぬ時間がかかったり、最悪お金を貸してもらえなくなってしまったりしますので、慌てる気持ちはわかるのですが、慎重に正確な情報を入力するようにしましょう。

 

本人確認書類など必要書類を送付する

 

この手続が終わると、本人確認用の身分証明書(基本的には運転免許証でOKです)免許証がない方は保険証やパスポートなどの写真を添付ファイルで送信します。スマホのカメラ機能で撮影した写真でOKですので、スキャナーなどが無い人でも安心です。

 

基本的には即日融資の手続きはこれで完了です。

 

あとは本人確認の電話(もしくはメール)などが入り、審査も問題なければ、電話やメールで利用限度額を教えてもらえます。お金は自分が希望の銀行口座に振り込んでもらう事もできますし、無人契約機で借入をすることもできます。

 

時間に余裕があるならば銀行振込を利用して、「既に15時まで時間があまりない!」という状況なら、ネット申し込みをしてからお近くの無人契約機からの借入をすると良いでしょう。

 

このように、かなり簡単に即日融資は利用できますので、緊急でお金に困った場合には、上記手順をよく覚えておいて、落ち着いて手続きをするようにすると良いでしょう。


即日融資で借りれるのは何時まで?

「急ぎでお金がいる!当日にすぐ借りないとお金がない!」という時には非常に便利な即日融資ですが、この即日融資、果たして何時まで申し込みができるでしょうか?

 

これはキャッシングやカードローンの会社によって違いがありますが、基本的に14時を即日融資の申し込み終了時間に設定している所が多いです。

 

ただし、14時という時間にも色々なルールがあって、「14時までに申し込みフォームの送信が完了している場合」に受付完了としてくれる会社もあれば、「審査が14時までに完了している場合」を受付完了扱いにする会社もあります。

 

「申し込みが14時までに終わったので、即日融資がOKだと思っていたら、審査OKが出たのが16時で、その日のうちに振込をしてもらえなかった」という場合もあるので、サイトの情報やオペレーターに確認するなどして、しっかりとチェックしておく事が重要です。

 

14時を過ぎてしまった場合の方法

 

ただし、仮にこの14時制限を過ぎてしまっっている場合でも、無人契約機まで出向いていけばお金は引き出す事ができますので安心して頂きたいと思います。

 

14時を過ぎての受付では即日での振込はしてもらえないものの、「無人契約機まで来てくれればOKです」という会社が多いですので、早とちりをしてガッカリしないようにしてください。

 

誰にも見られずに、しかも自宅に居ながら即日で融資が得られるのですから、14時までに即日融資の申し込みと審査を完了させて、あとは振込を待つようにした方が何倍も便利です。

 

ですが、「無人契約機にまで出向く」という労を惜しまないのならば、即日融資の申し込み時間はかなり遅い時間までOKになりますので、この事は覚えておかれると良いでしょう。

 

★17時に急にお金が必要になった場合の例

 

例えば、当日の17時に急にお金が必要になり、「即日お金を借りたい!」といった場合は、まずネットから借入申し込みを済ませて、審査の結果を待つようにします。

 

そして、審査がOKとなったならば、すぐに無人契約機にまで出向いて、カードを受け取るようにすれば、その場でお金を引き出せるようになります。

 

無人契約機で受け取ったカードはコンビニのATMでも利用ができますので、「どうも無人契約機の中に居る時間は可能な限り短くしたい」という人は、カードだけ受け取って、サッサと引きあげるようにすれば良いでしょう。

 

最終受付が21時までというありがたいキャッシング会社もありますので、「どうしても即日!」という人は、振込にこだわらずに、無人契約機を上手に利用するようにすると良いでしょう。