家族にばれずにお金を借りれる?

MENU

家族にばれずにお金を借りれる?

借金をする場合でも、家族にばれずにお金を借りたいという方は多いかもしれませんね。
借金をする理由は様々ですが、家族に話せない理由をお持ちの方も結構いるはずです。

 

そんな時に一番気になるのは、「借金をすると、その事が家族にばれてしまうのではないか?」という事なのではないでしょうか。

 

ですが、安心をして頂きたいと思います。

 

基本的には、ひどい延滞をしたりしない限りは、借金をした事が家族にバレる事はありません。

 

キャッシングや銀行カードローンを利用する場合、店舗や無人契約機に出向かなくても、ネットやスマホから全ての手続きができるので、「たまたま大通りを通りかかった近所の奥さんに無人契約機に入るところを見られた」などというケースは考えなくても良いようになっています。

 

また、本人確認の電話も、現在では非常に簡略化されており、ご自身の携帯に直接電話が入るだけというケースが多くなっています。

 

会社に個人名で本人在籍確認の電話が入る事はありますが、これも業者は個人名で電話を入れてきてくれますので、周囲に「借金の確認の電話だ」という事がバレる事はありません。

 

少なくとも、審査や借入手続きの段階で家の電話に連絡が入るという事は絶対にありませんので、借金をしている事が家族にバレるリスクは殆どゼロに近いという事ができるかと思います。

 

融資の契約書に関しても、審査の段階で「自宅に送るのは止めてくれて」という風に業者に依頼をしておけば、自宅に金融業者から郵便物が届くことはありません。

 

気をつけたいのは、返済方法で銀行の自動振替を設定している方の場合で、この場合、振替記録というものが自宅に届く場合があるのですが、それも事前に「送らないで欲しい旨」を伝えておけば、メール等での対応に切り替えてもらう事ができます。

 

申し込みや審査の段階よりも、郵便物から借金の事実がバレてしまうケースが結構多いのですが、事前に業者にお願いをしておけば、それらのリスクも取り除く事ができます。

 

どうしようもない場合は、ひどい延滞などをしてしまった場合です。

 

その場合は自己責任になりますので、催促の郵便物が自宅に届いてしまったり、電話が頻繁にかかってきたりして、家族に借金の事実がバレてしまう事になります。

 

ですが、延滞をしそうな場合でも、キャッシング業者にちゃんと事情を説明して、遅れながらもキチンと返す意思がある事を説明すれば、キャッシング業者から郵便物が送られてきたり、電話が入る事はありません。

 

少なくとも延滞を放置したりしない限りは、キャッシングを利用して家族に借金の事実がバレてしまう事はありませんので、安心して頂ければと思います。