ブラックリストって本当にある?

MENU

ブラックリストって本当にある?

キャッシングの問題をテーマに扱う時に、必ず話題にあがるのが、「ブラックリストって本当にあるの?」という質問です。答えは単純で、「あると言えばあるにはあるが、本のようにファイルとして綴じられたリストがあるわけではない」というのが答えになります。

 

あまりキャッシングなどに詳しくない人の中には、キャッシング業者の本社の地下室に何か研究所のような所があって、そこに病院のカルテのようなリストがたくさんあり、借金の履歴が全部記載されているファイルが存在していると信じこんでいる人が結構いるようですが、それは都市伝説の域を出ない話です。

 

実際には、ブラックリストなどという本としてのファイルは存在しておらず、また、キャッシング業者の本社地下室に膨大な量のファイルが存在しているわけでもありません。

 

消費者金融や銀行カードローンを運営する会社は、金融サービスを利用した事のある個人の情報を全て保管している機関(JICCとかCICが有名どころです)に加盟しており、借金の申し込みをしてきた全ての人の金融情報に関しては、この機関から情報を参照して審査を行っています。

 

この機関の金融情報には、過去の借入履歴や現時点での借金残高、過去の返済に延滞記録や債務整理など、現時点で借入の申込をしている金融機関名などが全て参照できるようになっています。

 

ここで、もしもあなたが過去にひどい延滞をしていたり、自己破産などの債務整理をしてしまっていたりすると、あなたの情報内に「金融事故履歴アリ」という風に出てしまいようになります。

 

これがいわゆる「ブラックリストに載ってしまっている」状態で、この記録は完済してからも数年間は消える事がありませんので、新たな借金の借入などは断られるわけです。

 

ブラックリストという本やファイルが存在しているわけではありませんが、「過去の良からぬ借金の傷」はしっかりと記録が残ってしまい、それがいわゆる「ブラックリスト」と呼ばれるものになっているという点はご理解が頂けたかと思います。

 

免許を持って運営されているあらゆる消費者金融や銀行は、全てこの金融情報を参照できるようになっていますので、「A社では断られたけど、B社なら大丈夫だろう」という事は起こりえませんので、過去に思い当たるフシがあり、審査でNGを食らったならば、業者からの借金は諦めるようにした方が良いでしょう。

 

よく「他社審査NGでも当社ならOK」という謳い文句を掲げた金融業者がありますが、その業者は正規に免許を受けた金融業者ではない可能性が高いので、注意をする事が必要です。

 

何より、借りたお金はキチンと返すことが重要ですね。