キャッシングの返済方法

MENU

キャッシングの返済方法

キャッシングの返済方法には業者によって様々な方法が取られていますが、一般的にはリボルビング払い(元金定額残高スライド方式)の返済方法が取られる事が多いようです。

 

当然、借りた翌月には一括で返済をしてしまうという方法もありますが、キャッシングを利用したという事は、お金に困っているから借金をしたという事でもありますので、一括返済という方法を選択する人は極めて少数派だと思います。

 

リボルビング払いというものは、トータルで支払う金利総額は高くなりますが、月々の返済額はある程度の一定ラインに収まってくれるので、即日キャッシングを利用したりして、「当面はお金は厳しい」という人にはとても便利な返済方法だと言うことができます。

 

例を用いてリボルビング払いについて説明をしましょう。

 

例えば5万円を借入したとして、キャッシング業者の設定したリボ払いの設定金額が「10万円以内は月額1万円」という規定になっていたとします。

 

その場合には、月々の返済額は1万円で良いという事になります。

 

ここまではリボ払いの利点はわかりにくいのですが、もしも増額であと4万円を借りた場合には、その利便性が良く分かるようになります。

 

以前まで主流だった「月賦払い」では、最初の5万円の返済額1万円と、2回目に借りた4万円の返済額1万円、併せて2万円が1ヶ月の返済額になっていました。

 

ですが、リボ払いはトータルの借入金額から月額の返済額が決まって行きますので、2回めに4万円を借りていたとしても、月々の返済額は1万円で良いという事になります。

 

即日キャッシングを利用したという事は、急にお金が必要になり、かつ、翌月以降も立て直しをするまでは「財布の中は厳しいという」ケースが殆どですので、そのような状況下では月々の返済額は小さい方がユーザーには楽になります。

 

このようにトータル額から毎月一定金額の返済をしていけば良いリボルビング払いを返済方法として設定しているキャッシング業者が非常に多いので、「急に必要になった!」という場合に即日キャッシングを利用しても、翌月から膨大な額の返済をしなくてもOKですから安心です。

 

即日キャッシングを利用する場合には、焦っている気持ちはよくわかりますが、リボ払いを返済方法として選択できるキャッシング業者を選ぶようにすると良いでしょう。

 

ただし、リボ払いの欠点はトータルで支払う金利額が大きくなってしまうという事です。

 

月々の返済額は低い額で一定にできますが、その分長い期間返済に充てないとならなくなりますので、くれぐれも借り過ぎなどには気をつけて頂きたいと思います。