銀行カードローンなら年収制限なし

MENU

銀行カードローンなら年収制限なし

即日融資など、今すぐにお金がいる状態の方はお気づきにならないかも知れませんが、ちょっと余裕がある方だと、「どこから借りようか」と金融業者の検索をしている時に、妙な事に気付かれるかもしれません。

 

それは、消費者金融のキャッシングサービスには、「ご利用限度額は年収の3分の1に限ります」とか「50万円以上のご利用には給料明細や源泉徴収票などの所得を証明する書類が必要になります」などといった規制が多いのに、銀行カードローンには、そのような規制が少ないという事柄です。

 

銀行カードローンは、利用限度額が300万円とか大きな金額だったり、身分証明書のみでかなりな高額まで借入の申し込みができてしまったりと、かなり消費者には利用がしやすい条件になっています。

 

これには、国の総量規制という規制が大きく影響しています。

 

一時期、消費者金融のキャッシングサービスは利用の為の条件が非常に緩やかな時期があり、そこで借入をし過ぎた消費者が、借りたお金を返せなくなってしまい、自己破産や任意整理、特定調停などの債務整理を次々に行わざるを得なくなるという状況が起こりました。

 

これには、利用の為の条件が緩やか過ぎただけでなく、消費者金融の設定した金利が高過ぎたという理由もあったのですが、その状況を国は見過ごすことは出来ずに、金利が以上に高い消費者金融に対して、総量規制という形で「借入のハードルを高くする」という政策を取ったのでした。

 

消費者金融のキャッシングサービスに年収と関連する借入限度額のハードルができたり、収入を証明する書類が必要になったりしたのは、この総量規制による規制がその理由になっています。

 

結果として債務整理をする消費者の数は減少したのですが、「本当に必要な人が借りにくくなった」のは事実です。

 

そこで注目をされたのが、銀行のカードローンでした。

 

元々低金利の銀行カードローンでしたが、こちらは運営元が銀行という事もあり、総量規制の対象にはなりませんでした。総量規制の対象となるのは、キャッシングサービスを運営する消費者金融だけですので、銀行のカードローンには年収の制限や借入必要書類の規制などは関係がありません。

 

ですので、200万円とか300万円という高額を借入したいとか、収入証明書が手元に無いが即日で融資を受けたいなどという方は、総量規制の影響を受けない銀行カードローンを利用するようにするのがオススメです。

 

もちろん、利便性の面やイメージ面などから、消費者金融のキャッシングを優先して利用しても良いかとは思いますが、消費者金融会社には総量規制という国の縛りがある事だけは覚えておかれた方が良いでしょう。