収入証明書は50万円がボーダーライン

MENU

収入証明書は50万円がボーダーライン

キャッシングや銀行のカードローンは、聞こえは良くても、要は「他人から借金をする事」ですから、当然、借入の申し込みには収入証明書が必要になると思っておられる方が多いかと思います。

 

ましてや即日融資となれば、申し込んで何時間かのうちに借入したお金が利用できるようになるわけですから、収入証明書などの必要書類のハードルはもっと高くなると思われるかもしれません。

 

ところが実情はそんな事はありません。

 

消費者金融が展開するキャッシングサービスならば、即日キャッシングであっても利用額が50万円以下であれば、給料明細や源泉徴収票などの収入証明書がなくても、借入の申し込みをする事ができます。

 

もちろん、仮に1万円の利用希望額であっても借入審査は必要になりますが、その場合でも運転免許証などの身分証明書のみで申し込みができます。

 

「では、50万円以上の利用を希望する場合、しかも即日で融資を受けたい場合は、絶対に収入証明書が必要なのか?」という疑問が出てくるかと思います。

 

銀行カードローンなら有利だよ

 

もしあなたにそのような要望がある場合には、銀行のカードローンを利用すれば、利用希望額が50万円以上であっても収入証明書無しに即日融資を申し込む事ができます。

 

このように消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの必要書類提出の条件に大きな違いがあるのはなぜだとお思いになるでしょうか?「銀行系は審査に収入証明書が不要な分、審査がやっかいだったり、面接などをさせられるのではないか?」などと不安を持たれる方も居るかと思います。

 

しかし、銀行カードローンを利用する場合でも、そのような不安を持つ必要はありませんので、安心をして頂ければと思います。

 

金融業界には総量規制という国が定めた貸出に関する取り決めが存在していて、その総量規制でキャッシングなどの消費者金融は、50万円以上を貸す場合には、利用者の収入証明書確認が必須の要件事項と定められているのです。

 

しかし、この総量規制の対象は消費者金融会社が対象になっており、銀行はその対象にはなっていません。ですので、銀行カードローンは、国の規制を受けることなく、利用者の利便性を高める事ができているのです。

 

50万円という一つのボーダーラインはあるのですが、これまで説明したように、そのライン以下なら、キャッシングでもカードローンでも収入証明書無しに即日融資の申し込みをする事ができます。ご自身の利用方法、好み、利便性に合わせて、一番自分に合う金融サービスを利用されると良いでしょう。