キャッシング申し込みで嘘は禁物!

MENU

キャッシング申し込みで嘘は禁物!

キャッシングを利用する際に一番気になるのが、「審査ではどんなポイントを見られるのか?」という事柄だと思います。これが即日キャッシングの利用であるならば、お金が必要な事情が切羽詰まっているので、「借りれると思って安心していたら、審査でNGを食らって本当に困った」という状況にもなってしまいます。

 

そのような状況に陥らない為にも、キャッシングの審査ではどのような点がチェックされるのかを押さえておく必要があります。

 

審査ではまず第一に、申し込み内容に虚偽の記載がないかどうかがチェックされます。

 

基本的には、氏名や生年月日、住所(実際に居住をしている現住所である事が重要です)などが提出した身分証明書の記載と相違が無いかがチェックされます。

 

キャッシング利用の申し込みフォームでは、勤続年数や住まいの属性(持ち家か借家かなど)、居住年数まで入力する必要がある業者もありますが、ここでも正確な情報を入力する必要があります。

 

審査の段階ではそれらの情報について、業者が大家さんに電話を入れたり、不動産屋に確認を取ったりする事はしませんが、何かあった時に入力内容に虚偽内容があると、一括返済を要求されたり大変な事になりますので、注意深く入力することが必要です。

 

審査のポイント第二には、他社借入状況、過去の借入履歴や金融事故の有無の照会という内容が挙げられます。

 

実はキャッシングの審査の時間やウエイトでは、この第二のポイントが一番重要視されると言っても過言ではなく、この第二ステップをクリアできれば、審査は合格したも同然になります。

 

世間では「ブラックリスト」という言葉がよく使われますが、キャッシングや銀行カードローン、その他の金融業者からの借入で酷い延滞や債務不履行をしたりすると、その情報がそこで照会されてしまうようになります。

 

金融業者は他社の借入状況や借入履歴、返済状況や金融事故(債務整理)の情報を全て共有していますので、酷い延滞や債務整理を行うと、そこに記録が載ってしまい、いわゆる「ブラックリストに載った」という状態になってしまうというわけです。

 

通常の利用では、他社からの借入が無い限り、この第二のポイントは「OK」となるのが通例ですので、とにかくブラックリストにだけは載らないようにしておくのが肝要です。

 

その他、キャッシング業者や銀行によって独自の審査内容はありますが、基本的には審査では上記のような内容が見られると思っておいて間違いはありません。

 

「急に必要になったのに、即日キャッシングの審査でNGを食らった!」などという状況に陥らない為にも、審査に関する知識は身につけておくようにしましょう。