在籍確認の電話ってどんな感じ?

MENU

在籍確認の電話ってどんな感じ?

初めてキャッシングを利用する人の中で、一番気になる事が審査と在籍確認の電話に関する事柄なのではないでしょうか?

 

審査に対して色々な不安感を抱く気持ちはわかりますが、在籍確認の電話に関しては、知ってしまえば、「なんだ、そんなものなのか」と思ってしまうくらい大したことではありませんので安心をして頂ければと思います。

 

在籍確認の電話というものは、キャッシングや銀行カードローンを申し込んだユーザーが、申し込みフォームに入力した勤務先に本当に在籍しているかを業者が確認するために行われるのですが、ユーザー側には一切の不利益がでないように十分な配慮をしてもらえますので、まずは安心をして頂ければと思います。

 

在籍確認の電話は、必ず個人名で電話がかかってきます。

 

絶対に「○○クレジットの田中と申しますが。。」などという具合に、周囲に借金の申し込みをしている事が少しでも連想されてしまうような電話の掛け方はしてきませんので、安心をしてください。

 

あなたが職場にいるときに在籍確認の電話が入れば、同僚の社員の方があなたに電話を回してくれて、あなたはそれに適当な返事をすれば、それで在籍確認の電話は終了になります。

 

周囲から「誰?」と聞かれたら、「保険の勧誘かなあ、なんかセールスみたいだったので断ったよ」と適当にかわしておけばそれでOKです。

 

このへんのストーリーは事前にキャッシング業者と打ち合わせできますので、あまり電話を入れられては困るという職場環境の場合には、事前にその旨をキャッシング業者と打ち合わせをしておけば良いでしょう。

 

会社に不在中の在籍確認の方が良いのであれば(周囲から、誰から?と突っ込まれなくて済みますので)、自分が不在になりそうな時間帯を業者に指定すればOKです。

 

その場合、他の同僚が「○○はあいにく席を外しております」とか「○○は本日お休みを頂いております」という風に回答してくれれば、それだけで在籍確認の電話は完了になります。

 

あなたが会社に戻った時には、机の上にメモ書きがおいてあるだけで、電話を受けた同僚も、そんな電話があった事は忘れてしまっているか、気にもとめていないはずですので、色々と根掘り葉掘り聞かれるなんて事はまず起こりえません。

 

このように、キャッシング業者は、あくまでも個人の用事を装ってあなたが本当に会社に在籍しているかどうかを確認するだけですので、あまり在籍確認の電話を神経質に考える必要はありません。

 

どっしりと構えて、何気ない対応をしておけばそれで十分です。